製作品ページを更新しました

アカマツのローボード 1200

上記の新作のページを設けました。当木工所で最も大きくて本格的な箱もの家具の製作でした。宜しければ詳細は販売先様サイトにてご確認ください。技術的な面、設備面でどれぐらいのものを作れるのか、どれぐらいの価格帯になるのか、実験的な要素がかなり多く含まれた製作品で、ほぼ試作品と呼ぶべきものですが、作りはしっかり作り込んであります。ただ、金物などを何度も試したため、埋め戻しなどがあり、今回製作したこの一台は完全にサンプル品扱いです。

今後かなり先は長いですが、アカマツを使って、このローボードをタタキ台として、もっと手軽な価格でできるか、もっと良い金物は無いか、大きさやデザインなども検討しながら、量産品が生み出す目標です。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA