堂谷木工について

 

堂谷木工製作所 堂谷孤空(どうたに こくう)

1979年 京都府生まれ

1998年 高校卒業後、書店員の道を進む(その傍ら、様々な業種も経験する)

2011年 書店員を辞め、岐阜県高山市の『森林たくみ塾』にて木工を学ぶ

2014年 岐阜県の木工作家の下で木工制作に従事

2017年 ものづくりの町、大阪府東大阪市にて独立開業


当木工所は、堂谷孤空一人で活動する個人工房です。

国産木材を主に使用した家具、小物制作を行っています。特に小型家具を主力製作品として制作、販売しています。

伝統的木工技法を踏襲しつつ、構造や可動部分を独自に考案し、より丈夫で使用場所や使用状況に応じた材料選定、構造や制作方法を検討し、『道具としての木工品』として、何よりも使うことでその価値が生きるような製作品を作ることを第一に考えています。

『見た目重視』の家具が多い現在において、秀逸な形は作れませんが、お手元に届いて、ご使用いただいてから、満足いただけるような製作品であるように努力しています。ご購入後のメンテナンスや故障の対応なども迅速に対応させていただきます。

当方の木製品は、主に国産針葉樹(スギやヒノキ)、国産広葉樹(クリやナラ、カエデなど)を主な素材として制作していますが、状況に応じて工業製品(合板、ビス、金物など)を使用します。また、塗装におきましては、植物オイル塗装をはじめ、状況に応じてウレタン塗装や化学塗料、着色剤も使用いたします。製作品には、解説などで使用した材料を記載し、それによって使用上どのような影響があるかをお伝えしています。(販売先様サイトでの商品ページにて説明しています。)

製作品以外の家具のオーダーにつきましては、当工房の設備の問題もあり、あまり大きな家具は制作が困難な場合もありますが、ご相談承ります。当方の製作品のサイズを変更したオーダーに関しましては可能ですので、ご相談くださいませ。

よろしくお願いいたします。

堂谷木工製作所