1月の新作

お客様からのご注文で、上のような細キャビネットを製作した。丁度当方で食器棚やカップボードを考案していた時期だったので、お客様のご注文の製作と製作品発表を兼ねて製作した。

素材は国産クリ材、顔料を調合してオイルに混ぜて塗布し、上から表面保護とツヤ感を増すために、市販のブラウン食ワックスを塗布して仕上げた。

サイズは幅や高さはしっくり来るが、奥行をもう少し欲しいところだったが、お客様のご要望でこのサイズとなった。あと50ミリほどあれば、もう少し安定性が出ると思う。

建具(特にガラス建具)は、ガラスをどのように保持するか検討し、ケンドンで寄せて隙間に細いパッキンを入れ、押さえ縁で裏から固定している。平丁番の建具で観音開き。精度がモノをいう…。建具の取り付け調整が一番嫌いな仕事である。建具本体の組み立て時に微細なネジレが出たようで、左右の扉を閉めたときに若干バチっていたのはショックだった。マグネットキャッチと扉の戸当たりを設置し、ガラス板を入れたら許せる範囲になったので良しとした。当方、スライド丁番は意地でも使わない(スライドレールも使わない)ことを通しているので、建具の取り付けは毎回ため息ばっかり。

外観がレトロすぎるというか、オシャレ感が全くないのはどうしようもない。しかし、当方はこの佇まいが凄く好きなのだが、お客さまにはちょっと期待外れだったかなって思う。以前小棚を購入してくださったその方は、ウレタン塗装の小棚を購入頂いたのだが、そのイメージ(特に質感)のイメージが強かったと思うので、素材感丸出しのオイル仕上げはパッと見た感じの光の反射が無いので、印象が薄く、しかも当方の昭和感が滲み出てしまったところは、反省というかどうしようもないが、塗装方法などはもう少し光沢を持たせた方が良かったかと思う。今後はラッカー塗装も検討している。

また正式に製作品のページに掲載する予定です。販売先サイト様には商品として掲載を開始いたしました。取り急ぎ完成報告でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA