2月総括

春の嵐が迫っていますね、こんばんは。堂谷木工です。

2月は月の大半を、工房の改装や片付けに費やしてしまい、おかげで制作がほぼできず、そのかわり、開業以来活用がなかなかできなかった2階部分を、本格的に撮影などのスペースとして使用できるようになり、2階へ上がる階段の、1階の入り口開口が狭くて大型の家具などが2階へ上げられなかった問題を、開口を広げる工事を行って解消しました。

20日間ぐらい、改装と片付けに費やしましたが、時間はかかりましたが、改装には解体で出た部材を再利用するなどして、かなり低コストで行えました。

現状の最大の課題はとにかく、生産力を向上させなければどうしようもありません。

5月に展示会を控えているため、2月に思い切って時間をかけて改装に尽力したのは、時期的にそこしかなかった、というような感じです。

とまぁ、当方の近況ほど無意味なのものありませんが、そういえば堂谷木工=堂谷孤空の画像を載せていなかったなと思い、作業風景の画像を撮影する必要があったので、撮影したものを載せておきます。

画像を載せたからどうこう言うものでもないですが、この人間が一人ぼっちで考えて手を動かし、作って売っています。それはとても微力であり、物質文明の恩恵極まれる現代において、このような男が木工品を作って世に出す事自体がそもそも、無駄な事なにかもしれません。

だからこそ、自分だけができる木工を目指して手を動かす、手間をかけて生み出すということをしないといけないのだと思います。いや、そう思いたいです。

それでは、失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です