ハンドメイドクラフトサイトで売るということ

どうも。堂谷木工です。

当方、ハンドメイドのクラフトサイトを軸に、販売をやっていこうと思っています。

玉石混交、よく言われますよね、ハンクラサイトって。

「そんな場所で売るのはプロじゃない」

「ハンクラサイトはアマチュアが小遣い稼ぎに売る場所だ」

なんて声があるのも知っています。盗作まがいのものや粗悪なものまであることも、

マトモに製作品を送ってこない製作者もいるそうですし、

何よりもノークレーム、ノーリターンなんてのを堂々と謳っていらっしゃる出品者さんも。

 

趣味の延長だろうが、プロだろうが、

販売でお金を得る以上はプロです。その自覚を当然持つべきで、

不勉強や技術不足、経験不足は当然否めないのですが、

自分が精一杯、その製作品を手にしてもらう人に、誠実に対応できるかどうか。

それは技術とかそういう問題ではなく、覚悟の問題なんでしょう。

 

ただ単に僕がハンクラサイトで売っていこうと思ったのは、

掛け率が低い事と、販売にかかる時間や手間を省けること、

お客さまが、多様な決済方法が選べること。

ネットで木工品は売れないという一般論に歯向かいたいと思ったことです。

お客さんを選んで売るような商売に対する、明確な反骨です。

まぁ、敗れ去るのがオチかもしれませんが、だったら威風堂々と敗れ去りたいですね。当然、勝ちたいと思って勝負するわけですけれども。

 

現状、ぶっちゃけて書きますが、経済的には相当苦しいです。

しかしながら、ここで根を張れそうな兆しも少しずつ見えてきました、

覚悟はあります、技術やアイデアも少しあります。

作る場所も道具もあります。お金と時間という資源が乏しいですが、

少しずつ進んでいるという実感と、お客さんの喜んでくれた声、

やった者にしかわからない充実感があります。いろんな意味で止められません、止まりません。

 

戦っていこうと思います。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA